Nimonoism

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンGOに3日で飽きたので、その理由を考える

ゲーム ゲーム-アプリ
Sponsored Link

f:id:ni-mo-no:20160720194500j:plain

世界中を巻き込んでいる超絶話題なアプリ

「ポケモンGO」に、私はプレイ3日目にして飽きてしまった。

 

と、その話をする前にちょっとだけ元ゲーの話をしよう。

私はポケモンシリーズを初代からエメラルドまで一通りプレイしている。

中でも一番好きなのはクリスタルだ。

 

あれはバッジが16個もある+ラスボスのレッドが超強いことでかなりやり込める仕様になっていることや、逃げ回るエンティライコウを捕まえたり、木の実から様々なモンスターボールを作れたりと、これまでにない要素が詰め込まれた楽し過ぎるマジの神ゲーだと思っている。

 

ドラクエが好きな方々をディスる気は1ミリもないが、もともとコマンドを選ぶだけで勝手に戦ってくれる系のゲームが嫌いで「ドラクエとかポケモンとかあれどのへんが面白いの?絶対つまんねー・・・」と思っていた僕もなぜかポケモンだけは死ぬほどハマった。ドラクエはなぜかハマんなかった。

 

エメラルド後のシリーズは年齢的な理由もあってやらなくなってしまったが、僕はずっとポケモンが好きだ。

 

カイリュー

ゲンガー

フーディン

バンギラス・・・

 

超ド級の厨ポケだが、今でもその名前を聞くだけで心がぴょんぴょんする。

 

そしてポケモンGOが配信されると聞いたときから、ぴょんぴょんするためのバネがおかしくなっちゃうんじゃないかってぐらい、心はぴょんぴょんしていた。

 

配信日のデマ情報に一喜一憂し、じらされてじらされきった私の心はぴょんぴょんしながらも、同時にびしょびしょだった。

 

が・・・いざ配信されたら3日で飽きちゃった模様。

 

なのでその理由を考えようという記事になってます。

理由①:家が田舎過ぎる

はい、出ました!

田舎住みポケGOプレイヤーの一番の悩み!!

 

ジム・・・・・?

ポケスト・・・・・?

 

 

 

何それ美味しいの??

f:id:ni-mo-no:20160723185110j:plain

 

THE  田舎

 

ここリアルにイノムーオドシシが出ます、たまにリングマ

 

マップで確認したけど最寄りのポケストまで車で4分、徒歩11分・・・

 

 

 

キェェェェェエエエエエ!!キェェエエエエエエエエエエエエエエエエエエえxtcくぁqwせdrfthgっfygぬhりjもkあqwせdrftgyふじこ

おれ とかいに く い かゆ うま 

理由②:コレクションゲー過ぎる

元ゲーのポケモンをしていた人間には2種類いる。

全クリしてやることがなくなった後

 

飽きてやりたくなったころにまた最初から始める人

図鑑を埋めるまでがポケモンの人

 

私は前者の人間なので図鑑とかまっっったく興味がなく、お気に入りのポケモンで一番強いやつ倒したらもう満足して、また最初からポケモン1匹縛りとか始めるタイプの人間だった。

 

そんな人間からするとこのポケモンGOのコレクションゲー仕様はすごく物足りない。

 

ジムに他プレイヤーが配置した1匹のポケモンとバトルすることはできるが、1匹対6匹のバトルになんの面白みも感じない。どうせならそこを守るプレイヤーとフルパーティ同士の勝負がしたかった・・・

 

全部タイプ違うポケモンで組まねぇと抜けねぇぞあのジムやべぇww燃えるぅぅ!!!

 

とかしたかった・・・まあ田舎だからまずジムがないんだけども。

 

と、言ってもバトルのシステムも相当酷いからこれはもっと根本的なところ。

 

 

育成も進化も同じポケモン捕まえてアメ食わせまくってってもう・・・

 

課金させること考えたら理にはかなってるかも知んないけど、野生ポケでレベル上げしてやっとのことで進化させたポケモンで、フレンドとバトルできたりしたら口座枯れるまで課金するわ!!!!絶対面白いやろ!!!!!

タマムシデパートで売ってた、とくこうとかとくぼうとかちょっとだけ上がるドーピングアイテムゴリゴリに買い占めるわ!!!!! 

まとめ

なんだかんだ言ったけど、ただポケモンを集めるゲームって考えで見るとめちゃくちゃ面白い。ただ、今のままだとどうしても物足りない感が否めなくて、必然的に息の短いゲームになるんじゃないかな?と思った。

 

私もプレイ1日目はリアルにモンスターが出てくるこの土地で、夜の8時から深夜3時まで死と隣り合わせの状況の中、ひたすらにポケモンを探し回った。やっとのことでカイロスを捕まえたときは思わず声が出てしまったほど、このゲームに熱中していたのだ。

 

とにかく自分の知ってるポケモンが現実世界に現れて、それを捕まえられるのが楽しくて仕方なかった。

 

しかし、次の日になるとその興奮が嘘だったかのようにポケモンGOに冷めていた

 

やることねぇ・・・・・・・・・・。

 

一応、田舎でもちょっと行ったところにジムが奇跡的に2つあったので、無所属だったそのジムを赤色に染めておいたのだが、丸一日経っても襲撃された気配すらない。

 

というか人が通る気配すらない。

 

 

 

 

 

そこで私は思った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「まず村おこしから始めよう」

 

 

 

 

 

ポケモンGOなんかしている場合じゃない。

 

そう悟った男の背中は、いつにも増して大きく見えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

— Fin —

 

 

 

 

 

よければコチラもどうぞ

www.nimonoism.com

www.nimonoism.com